よき夜を 2024.02.02 オニはここ

よき夜を 2024.02.02 オニはここ

よき夜を 2024.02.02 オニはここ

今日も一日、今週も一週間、お疲れさまでした。
大切な時間をお過ごしになられたことでしょう。
いつの間にか二月になっていました。
一月は何処へ雲隠れしたのでしょう。
代わりに頑張ってくれる二月の頼もしいこと。
二月はきっとやってくれるに違いありません。

二月最初の「よき夜を」となれば
やはりこの件に触れないわけにはまいりません。
そう、あの\節分/です。
豆をまいたり最近ではお寿司を食べたりする、あれです。
私も昔は豆も寿司もやって、更に吉田神社へお参りまでしていました。
本番前の鬼さんがにこやかに子どもとの写真撮影に応じていたりして
なかなかに楽しかった思い出がございます(寒かったですけどね)。
ここ近年は豆もお寿司も致しておりません。
お参りはいつものご近所の神社にご挨拶に行くだけです。
鬼を追い出す必要はない、どうしても追い出したいなら
それなりの覚悟を持って自分の内側に豆をまけ
そう思うようになったからです。
(豆や寿司を楽しむのはとっても良いことと思っております)
(存分にお楽しみになられますよう)
(見切り品のお寿司は物色に行こうかしら…( ´艸`)

昨年の節分に関する記事一昨年の節分に関する記事に書いた事と
思いはさほど変わっておりません。
鬼は自分の内側にあるのであって、外から来るものではない。
豆をまくことで、自分自身を振り返り「鬼」がおるのだなと自覚する。
そう使えるならば、内なる鬼とうまくやってゆけるかもしれません。
私の中には鬼などいない!清廉潔白だ!と言い張っていると
内側に巣食っている巨大で禍々しい鬼が思いもよらぬ時に飛び出して
築いて来た何もかもを破壊してしまうかもしれません。
内なる鬼は敵ではないのです。
今の自分には自覚できていない部分、あるいは認められない部分など
自分の一部に過ぎないのです。そして可能性をも秘めています。
河合隼雄氏の著書「影の現象学」を繰り返し読んだ影響で
私は”鬼”をそう考えるようになりました。

自分がどうしても受け入れることが出来ない自分。
それを外側に見立てて攻撃してしまったりする。
科学的に現実的に生きていると思っている人が、占星術や宗教を馬鹿にする。
精神的な世界を生きていると思っている人が、お金儲けや流行を馬鹿にする。
どちらも、攻撃しているものに無自覚に飲み込まれてしまっているのです。
(本当にそれを対象化できていると何の感情もわかず、攻撃もしないものです)
”それ”に触れるとイライラしたり否定したくなったりするのであれば、
むしろチャンスです。自分を拡げるチャンスなのです。
もちろん痛みは伴います。影を統合するのは危険な道のりでもあります。
それでもやってみる価値はあるかもしれません。
「ここに可能性があるぞ」内なる鬼がそう言ってくれています。
その鬼、豆をぶつけて追い出しますか、受け入れて共に生きますか。

どなたさまも、よき夜を、よき節分と立春を、よき一週間を。

クリックして頂けると励みになります♡

 

シェア頂けますと嬉しいです

タイッツー

twitter

◆今週の人さまのお言葉◆

おのれの心に地獄を見出しえぬ人は、自ら善人であることを確信し、悪人たちを罰するための地獄をこの世につくることになる。心の世界を拡張するということは、近代科学によって否定された魂の存在について、もう一度見直すことにもなるであろう。

「影の現象学」河合隼雄著 講談社学術文庫 p169

onigiri

鉛筆画の作品集が出来ました

猫からあなたへの贈りもの

「鉛筆で描いた猫」展に出品した作品の一部と言葉で構成しました。
お楽しみ頂けましたら幸いです。

カラー版  猫たちからあなたへ https://amzn.to/4bdqeIb
電子書籍 https://amzn.to/48SCTyu
モノクロ版 猫からあなたへの贈りもの https://amzn.to/3HECmVe

カラー版は用紙がホワイトで絵が少しビビッドに感じられます。
各ページにカラーの枠があります。展示した時のマットの色に合わせてあります。
モノクロ版は用紙がクリーム色で落ち着いた雰囲気です。
枠はなく、シンプルな本です。
サイズはどちらもA5、46ページです。
トップページに見本を作成しました

 

「おにぎり猫のものがたり」第一巻、第二巻
Amazonにて販売中

おにぎり猫のものがたり第一巻第二巻販売中

https://amzn.to/3SCKQCj

A5版(外伝とあとがきつき)、新書版(本編のみ)の二種類です

onigiri

ネクパブオーサーズプレスさんのサイトにて
ミケパンチのインタビュー記事が公開されました
https://nextpublishing.jp/author/case_study/comics/onigiri

「おにぎり猫のものがたり」書籍化までの試行錯誤と紆余曲折を語りました
個人出版をお考えの方へご参考になりましたら幸いです(*^^*)

onigiri

ミケパンチからのお知らせなど

更新情報をメールでお知らせ致します

日々のイラスト記事や「おにぎり猫のものがたり」最新作など
メールで更新をお知らせいたします。
ご登録お待ちしております。

https://forms.gle/ytWu5nSjuCht3cJKA

読者登録おにぎりキッズ

「おにぎり猫のものがたり」まとめ読み購読サービスはじめました

おにぎり猫のものがたり・小梅

「おにぎり猫のものがたり」をまとめてお読み頂けます。

一話ずつご購入頂くよりお得です=^_^=

https://mikepunch.net/onigirinekostalekaikiri/

https://codoc.jp/sites/mikepunch/

 

みけはち堂

みけはち堂

みけはち堂ではmikepunchの猫絵の原画やポストカードなどを販売します。
フォロー頂きますと、新着商品のお知らせがメールで届きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました